お知らせ

日本遊育研究所について

日本中のこども・親子・保育者に 元気 勇気 笑顔 を

日本遊育研究所は、子どもや親子、保育者に「元気」「勇気」「笑顔」を提供することをミッションとしています。この研究所は、1987年にNHK「おかあさんといっしょ」で8代目体操のお兄さんとして知られる瀬戸口清文氏によって設立されました。瀬戸口氏は番組引退後、子どもたちの運動遊びやリズム・音楽遊びを中心とした教育活動を続けてきました。

35年以上にわたり、当研究所は乳幼児とその家族を対象に、運動遊び、リズム遊び、教材の開発、イベント企画、テレビ番組の監修、講習会の開催といった多岐にわたる事業を展開しています。特に「うんとこどっこい運動会(CD・テキスト)」は、株式会社メイトからシリーズ30作目までリリースされるほどの代表作となっています。また、日本幼年教育研究会主催の「運動会実技研修会」や「サマースクール」では、30年以上も運動遊びの講師として継続的に出講しており、実践的で保育者目線の講習が高く評価されています。

近年では、オンラインでの講習会や現場指導に力を入れる一方、新たなサポート事業として「護身カラテ」の教材開発や研修会の実施、絵本の読み聞かせイベント(おむすびひろば)など、活動範囲を拡大しています。日本遊育研究所は、これからも日本中の子どもたち・親子の健やかな成長と保育者のスキル向上をサポートし続けます。

主要な事業内容

教育研修・講演会

保育者および親向けに、最先端の教育理論と実践技術を組み合わせた研修会や講演会を提供しています。これらのプログラムは、子どもたちの心理的および学習上のニーズに焦点を当てており、具体的なケーススタディを通じて、日々の保育や教育現場で直面する課題への対処法を学ぶことができます。

親子イベントの出演・企画

親子間のコミュニケーションと絆を深めるためのイベント企画・運営を行っています。これには、親子で楽しめるスポーツ活動、クラフトワークショップ、科学実験などが含まれ、参加する家族が共に学び、成長できる体験を提供します。イベントは参加者の互動を促し、親としての教育技術を向上させる機会を提供することを目指しています。

教育コンテンツの開発

幼児教育施設向けにカスタマイズされた教育プログラムの開発に注力しています。これには、リズム感を養う音楽活動、基本的な身体活動、そして創造力を刺激するアートアクティビティが含まれます。当研究所の教育コンテンツは、子どもたちの感覚的な発達を促し、学びの基礎を形成することを目的としています。

サポート事業

絵本の読み聞かせ・ライブイベント

絵本の魅力を活かした読み聞かせセッションや、物語をテーマにしたライブイベントを通じて、子どもたちの想像力を刺激します。これらの活動を通じて、言語能力の向上だけでなく、感情表現の豊かさを育むことも目指しています。イベントは、親子での参加を奨励しており、家庭内での読書を促進するきっかけともなっています。

おむすびひろばHP詳細PDF

法人向け護身カラテレッスン

企業向けに特別設計された護身カラテプログラムを提供し、従業員の安全と健康を守るためのスキルを教えます。これは、職場での安全意識を高めるとともに、ストレス解消にも効果的です。当団体のカラテレッスンは、自己防衛技術だけでなく、心身の調和と集中力向上を図る内容で、すべての従業員に対してポジティブな影響を提供します。

親子の護身カラテレッスンパントマイム

親子で参加できる空手教室では、基本的な護身術とともに、礼儀や自制心を教えることを重視しています。また、パントマイムを用いた表現力豊かなショーを提供することで、子どもたちに異なる文化やアートへの理解を深めさせます。これらのプログラムは、身体的なスキルの向上だけでなく、精神的な成長を促すことも目的としています。

空手教室(宮前区平武蔵小杉)(護身カラテ教室)(空手道一武会
パントマイム(金子しんぺい動画(YouTube)

設立者

瀬戸口清文 (せとぐち きよふみ)/鹿児島県出身日本体育大学 卒1953~2018
日本体育大学在学中の1974年から1987年までの13年間、NHK「おかあさんといっしょ」で8代目体操のお兄さんとして活躍しました。

その経験を活かし、番組引退後に日本遊育研究所を設立。幼稚園・保育所の教育関係者や親への講習・講演活動を中心に、子育て支援活動等を積極的に実施。また、2002年4月から2015年3月までは大妻女子大学で教鞭を執り、次世代の教育者たちを育成しました。

瀬戸口清文は、「C・Cプログラム」と呼ばれる独自の運動遊びプログラムを提唱し、運動遊びを通じた幼児教育に革新をもたらしました。著作は80冊を超え、作詞・作曲・歌・振付を手掛けた楽曲は1,000曲を超えます。

また、子どもたちが楽しく身体を動かせるよう運動遊具の開発にも携わり、多大な貢献をしました。彼の代表作「ぞうさんのあくび」は、多くの子どもたちに愛され続けています。2018年に逝去した瀬戸口清文ですが、その教育への情熱と遺した業績は今も多くの人々に影響を与え続けています。

代表作「ぞうさんのあくび」(体操)

Youtubeチャンネル(セトちゃんねる)

教材・作品の事例

The☆運動あそび

あそぼー あそぼっ!

うんとこどっこい運動会

活動実績

各年度ごとに活動実績を掲載しています。
ご覧になりたい年度をクリックしてください。

組織情報

組織名日本遊育研究所
所在地〒216-0022
神奈川県川崎市宮前区平2-16-16
電話番号044-866-6700
FAX044-866-6511
代表瀬戸口美佐枝
主な業務内容・幼稚園・保育所・こども園等における運動遊び指導
・保育者向け講習会
・親子遊びイベント出演および企画
・TV番組の監修および体操指導
・教材(書籍・CD・動画)の企画および制作、原稿執筆
・親子向け護身&防犯ワークショップ
・法人向け研修、セミナーなど
など

お問い合わせ

    必須属性

    任意団体名

    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意電話番号

    必須お問い合わせ・ご相談内容

    関連組織

    おむすびひろば

    キッズスタジオグリーン

    株式会社メイト

    護身カラテ教室

    清月エンターテイメント